歯のホワイトニングとクーリングオフ

2017年12月1日から特定商取引法及び、割賦販売法の各改正法令が施行され、美容医療契約が特定継続的役務提供の対象に追加されます。
歯科においては、「歯の漂白(ホワイトニング)」がその対象になります。

●歯牙を漂白するための医学的処置
美容を目的とするものであって、主務省令で定める方法によるものに限る。
1か月超かつ5万円超の契約が特定継続的役務提供の対象となる。
(対象となるのは、平成29年12月1日以降に締結された契約)

・契約締結前・契約締結の書面交付(行政規定)
・クーリングオフへの対応(民事規定)
・中途解約への対応(民事規定)

規制対象になるのは、歯科では「ホワイトニング」のみで、通常の歯科治療(セラミック治療等)は対象となりません。

当医院で行っているホワイトニングは上下でも14000円(税別)です。
「1か月超かつ5万円超の契約」に該当しないので、契約書面交付・クーリングオフ・中途解約は適用されません。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お気軽にホームホワイトニングで歯を白く

ご家庭で手軽に歯を白くできるホームホワイトニング。

若い方から、還暦過ぎの方まで幅広くご利用されてます。
診療所内で行うオフィスホワイトニングより時間はかかりますが、自然な白さが得られ、効果の持続も長いのでお勧めです。

当医院では、片あご7000円と気軽にホワイトニングしていただけるように安い価格設定です。
ホワイトニングジェルは4本お付けしていますが、後日もっと白くしたい方や、後戻り防止のためにスペアのジェルを買っていかれる方が多いです。


スペアジェルは、1本800円(税別)です。
(追加用ホワイトニングジェルの販売は、当医院でホームホワイトニングを受けられた方に限ります)

また、長くホワイトニングをされていると、マウスピースに穴があくこともあります。
その場合は作り直しになりますが、費用は単純にジェル4本分を引いた3800円(税別)となります。

ホワイトニング本体とスペアジェルを安い価格設定にしているのは、
●マウスピースは自家製なので外注費がかからない
●患者さんがご自身で行う処置なので特に技術がいらない
●物品販売で大きな利益を得ようとは思わない
こんなことが理由です。

ホームホワイトニングは歯に害を及ぼさなく自然な白さが安価に得られるので、とても良い方法です。
お気軽にどうぞ。