歯科用アマルガム

「水銀の含まれている銀歯(アマルガム)があるか調べてほしい」という相談を受けることがあります。

当医院では、既に詰めてある過去のアマルガムは基本的に人体に害を及ぼすものではなく、問題が無ければ積極的に外す必要はない考えです。
危機感をあおって治療のネタにする気もありません。

現在、日本ではアマルガム治療を行える歯科医院はごく僅かで、ほとんど行っていないといえます。
私自身も学生時代の実習でやったかなという程度です。
実はアマルガムの歯科的な理工学特性はとても優れていて、アマルガム同等の特性を持ち、水銀を使わず、歯と同じ色の材料が開発されないかなと思うくらいです。

●歯科用アマルガムとは
歯の詰め物の「アマルガム」は水銀と金属の粉末を混ぜた、軟らかい状態の物を穴に直接詰めます(セメントや接着剤は使いません)。
3~5分程度で非常に硬くなって、強い噛み合わせに耐えられるようになります。
固まる際に僅かに膨張するので、最小限の穴に詰めても外れにくく、金属の抗菌作用で虫歯の進行も抑えられます。
歯科の治療では150年ほどの歴史を持ち、耐久性・操作性に富んだ信頼される材料の一つです。
また、安価で比較的容易に使用できることから、発展途上国や国費による健康保険制度が充実していない国では依然使われています。
日本では現在アマルガム治療はほとんど行われていませんし、2016年の保険改定でアマルガムは保険給付外となりました。
これはアマルガムが危険ということではなく、アマルガムの廃絶に向けて取り組むという日本の歯科界の基本的な姿勢であり、人体に有害であるということではありません。
水銀そのものを地球規模で廃絶しようということです。

●歯科用アマルガムに使われる水銀
水俣病で原因となった水銀は、工場排水に含まれた有機水銀(メチル水銀)です。
アマルガムで使用される(合金粉末と混ざっている)水銀は無機(金属)としての水銀で、特にほかの金属と混ざりあった状態では極めて安定しています。
この水銀と金属の粉末を混ぜ合わせると、科学的に極めて安定したものとなり、水銀が溶けだすということはありません。

●口の中のアマルガムはすべて外すべきか
現在、何の支障のなく使用されているのであれば、除去するほうがリスクが大きいといえます。
口の中で安定している状態のアマルガムを削って外す際に水銀が蒸気化し、これを吸い込む可能性があります。
勿論、削る時は水で冷却しながらですので、気化は最低限かつ吸引機で吸いますので問題とはならないと思いますが、リスクとしては存在します。
さらに、できるだけアマルガムを一塊として取り出すため、健康な歯の一部を削ることになりますので、この点でも何ら問題の無い歯のアマルガムを外すことはかえって健康を害することになるのかもしれません。

●歯のアマルガムが黒くなっている
アマルガム合金の主成分は銀です。酸化により黒くなるだけで、溶けているわけではありません。
インレーという、型を取って詰める銀歯にも銀が主成分のものがありますが、これも黒くなります。
純銀のスプーンが黒くなるのと同じことです。

●アマルガムと金属アレルギー
金属アレルギーの原因がアマルガムという可能性は否定できません。
アマルガムであるからということではなく、被せ物や詰め物、入れ歯など歯科で使われる金属のいずれもが金属アレルギーの原因になる可能性があるからです。
もちろん、ピアスやネックレスなどの装飾品の金属、意外なとこでは革製品に使われるクロムも金属アレルギーの原因になる可能性があります。

●歯のアマルガムが無くなった。多分飲み込んだが大丈夫か
飲み込んでしまっても、便とともに自然排出されます。また、その間水銀が分解されて体内に影響を及ぼすことは考えられません。
もし、喉に詰まった違和感や、せき込む等があれば気道に誤って入った可能性がありますので、医師による検査が必要になります。

参考文献;「歯科用アマルガムの使用に関する見解」日本歯科医師会

 

2017年2月23日 | カテゴリー : 治療 | 投稿者 : yorioka

お気軽にホームホワイトニングで歯を白く

ご家庭で手軽に歯を白くできるホームホワイトニング。

若い方から、還暦過ぎの方まで幅広くご利用されてます。
診療所内で行うオフィスホワイトニングより時間はかかりますが、自然な白さが得られ、効果の持続も長いのでお勧めです。

当医院では、片あご7000円と気軽にホワイトニングしていただけるように安い価格設定です。
ホワイトニングジェルは4本お付けしていますが、後日もっと白くしたい方や、後戻り防止のためにスペアのジェルを買っていかれる方が多いです。


スペアジェルは、1本800円(税別)です。
(追加用ホワイトニングジェルの販売は、当医院でホームホワイトニングを受けられた方に限ります)

また、長くホワイトニングをされていると、マウスピースに穴があくこともあります。
その場合は作り直しになりますが、費用は単純にジェル4本分を引いた3800円(税別)となります。

ホワイトニング本体とスペアジェルを安い価格設定にしているのは、
●マウスピースは自家製なので外注費がかからない
●患者さんがご自身で行う処置なので特に技術がいらない
●物品販売で大きな利益を得ようとは思わない
こんなことが理由です。

ホームホワイトニングは歯に害を及ぼさなく自然な白さが安価に得られるので、とても良い方法です。
お気軽にどうぞ。

いびき改善

いびきのメカニズム

通常呼吸は、鼻から空気を吸い込み咽頭を通り肺に至ります。鼻から咽頭までの道(上気道)には、狭いところや凹凸が有り、呼吸の時これが気道抵抗となって自然的に音が発生します。
この発生した呼吸音がいびきの正体です。人間は呼吸の際、誰でも呼吸抵抗があり、その抵抗は47%前後が理想と言われ、47%を超えて高くなるにつれて他人にも迷惑ないびきとなります。
いびきの原因は以下に示すようさまざまですが、睡眠時に「いびき防止装置」を装着することで、気道抵抗となる要因(舌根沈下等)を防ぎ、いびきを改善します。

いびきをかきやすい人

「いびき」は気道が十分に確保できないために起こるため、いびきをかきやすい人には、体型などにいくつかの特徴があります。

(1) 舌が大きい人
いびきの主な原因は肥満、とりわけ舌の肥大です。やせた人でもいびきをかく患者さんがいますが、口腔内を診ると舌の肥大が特徴的にみられます。舌が大きくなったため、仰向けに寝れば舌の重力によって気道を塞ぎ込み、狭窄または閉塞が起きますので、いびきや呼吸停止につながるのです。

(2) 肥満体系の人
いびきと肥満には密接な関係があります。肥満だと、軟口蓋や咽頭壁などにもぜい肉がついているため、首の太さに比べて気道が狭くなっています。舌も厚みを増して肥大しているので、寝たときにはいっそう気道をふさぐことになってしまいます。
しかも、肥満体系の人は普通の人より酸素をたくさん必要とするので、多くの空気を吸おうとして呼吸が深くなり、余計に空気抵抗が大きくなって、いびきをかきやすくなります。

(3) 舌顎が小さい/後退してる人
下顎が小さかったり後退したりしていると、舌を支えているスペースも小さいので、仰向けに寝た時に舌がのどの奥に沈みこむ確率が高くなります。これが、気道を狭くする原因になっています。

(4) 扁桃が肥大してる人
外見からではわかりませんが、のどの奥の口蓋扁桃やアデノイド(咽頭扁桃)が肥大している人は、気道がふさがれて狭められています。子どものいびきの場合には、これが原因でかくことが多くなっています。

(5) 口蓋垂の長い人
軟口蓋の中央にある口蓋垂(のどちんこ)が舌に届くほど長い人、またその左右の口蓋弓間の距離が短い人は、咽頭がもともと狭いので、気道が確保しにくく、いびきをかきやすくなります。

(6) 鼻炎等の病気がある人
筋が曲がっている鼻中隔攣曲症や慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄のう症)などの鼻疾患のある人、だんご鼻の人などは十分な鼻呼吸ができず、鼻腔で強い抵抗が起こり、鼻翼が振動していびきになります。

いびきをかきやすい時

体型にかかわらず、生活習慣などがいびきをかく原因になっていることがあります。

(1) 口をあけて寝る
口呼吸癖のある人はいびきをかきやすく、口を開けて眠る人も同様です。口を開けているときのほうが、口を閉じているときよりも気道が狭くなってしまうからです。

(2) 顎を引いて寝る/手を上げて寝る
あごを引いたり手を上げたりして寝る体勢は、首が圧迫されて気道がふさがれてしまい、いびきをかきやすくなります。そういう癖はなくても、枕が高過ぎたりベッドマットの腰の部分がへこんでいたりすると、同様の現象が起きるので、よくありません。

(3) 加齢によるもの
年をとると次第に筋肉が緩み、筋力がなくなっていきます。上気道を十分に開けておくための筋肉である上気道筋も例外ではありません。
若いころにはいびきをかかなかったのに、中年以降になってからいびきをかくようになったという話をよく聞きますが、これも老化の一種で、上気道筋の活動が低下することによっていびきが起こりやすくなります。

(4) 疲れているとき/ストレスが溜まっている時
体が疲れていると、無意識のうちにより多くの酸素を体内に取り入れようとして、口で大きく呼吸していたりします。
このときに軟口蓋が激しく振動するため、いびきが起こります。
ストレスがたまっている場合も、分泌物がたくさん出たり、あるいは逆に粘膜が乾燥したり充血したりして、気道が通常と異なる状態になっていびきが起こりやすくなります。

(5) アルコールや睡眠薬の影響
アルコールや睡眠薬・鎮静薬を飲んだあとは、その影響で筋肉の緊張が緩み、気道が狭められるのです。加えて、必要な酸素を確保しようとして口呼吸をすることが多く、いびきの誘因になっています。

(6) 体に異常があるとき
鼻やのどに、前述した鼻中隔攣曲症のような気道をふさいでしまう異常があると、いびきをかきやすくなります。こうした異常には、ほかに蓄のう症やアレルギー性鼻炎、咽頭炎、口のなかの炎症などがあります。
また、高血圧や糖尿病、心臓病などの疾患、内分泌異常がある場合、咬合不正や歯列不正などのあごの形態異常などもいびきの原因になります。

参考:「いびきはコワイ!万病の元いびきはこうして治そう」中川健三著(砂書房)

2017年2月7日 | カテゴリー : 治療 | 投稿者 : yorioka

出た前歯をなんとかしたい

前に開いて出た前歯をなんとかしたいご希望

いちばん良い治療法は矯正であることは前提で、
ひっこめるためには、歯の神経を取って、土台で歯の軸を変えた上で被せていく治療を説明。

装着直後でまだ歯肉が安定しませんが、暫くすればセラミックの上に少し歯肉が伸びてきて、歯の間の歯肉もきれいになってきます。
費用
ファイバーコア5000円
オールセラミック冠 40000円
合計4万5000円×2+消費税

歯を入れたい(ブリッジ治療)

歯が一本無くて、両隣の歯がしっかりしている場合、両隣の歯を削ってよいのであれば、「ブリッジ治療」を勧めることが多いです。
固定式で、取り外しの面倒がありません。
  
両隣に銀歯が入っていない場合や、小さい詰め物である場合は歯をまるまる削る必要はなく、


最小限、噛み合わせの面を削って、


こんな形の「インレーブリッジ」を装着します。


噛み合わせの面には金属が出ますが、最小限の削りでブリッジが入るメリットがあります。

ブリッジ全てに言えますが、歯の無い部分の両側の歯が虫歯になり易いので、歯ブラシは丁寧にする必要があります。
また、被せる方法に比べて外れ易く、その場合でもご自身では気づかないことが多いので、その下から虫歯になってしまうことがあります。
ですので、定期的なチェックが必要になります。

 

2017年2月2日 | カテゴリー : 治療 | 投稿者 : yorioka