保険で6番目の歯を白い歯に

平成29年12月1日から、小臼歯(4番目・5番目)に加えて、下顎の6番目の歯(第一大臼歯)が保険で白い歯が認められるようになりました。
今回は金属アレルギーでない方でもOKです。
(6番目の歯単独の被せ物のみです。ブリッジはダメです)

条件としては
「大臼歯については、上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合に算定できる」
となっています。

つまり、上の図の7番目の歯が上下左右(4本)すべてあることが条件です。
1本でも6番目の歯の後ろに歯がなかったら、認められません。
下の6番目の歯のみ適用で、上はだめです。

「ハイブリッドレジン」といわれる、セラミック粉末を樹脂で固めたブロックをCADCAMで削り出して製作します。
ですので、保険外の「セラミック」の被せ物とは違います。

金属アレルギーの診断をうけた方は、他の大臼歯にも適用されます。
また、臼歯が1本無い場合のブリッジも金属でないブリッジ(高強度硬質レジンブリッジ)が適用できます。

2018年11月17日 | カテゴリー : 治療 | 投稿者 : yorioka