医療費控除・クーリングオフ等について

●医療費控除
セラミック治療は医療費控除の対象となります。
保険外治療用の領収証を発行いたしますので、紛失されないように保管し、確定申告手続きにご利用ください。

 

・医療費控除の概要
その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。

・医療費控除の対象となる医療費の要件
納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

・医療費控除の対象となる金額
医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補填される金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

 

●クーリングオフ等
特定商取引法及び、割賦販売法の各改正法令が施行され、美容医療契約が特定継続的役務提供の対象に追加されました。
歯科においては、「歯の漂白(ホワイトニング)」がその対象になりますが、そのほかの治療は対象外です。

従いまして、
・契約締結前・契約締結の書面交付(行政規定)
・クーリングオフへの対応(民事規定)
・中途解約への対応(民事規定)
上記3点はセラミック治療の対象となりません。

ご理解いただけますようお願いいたします。

2017年11月23日